最終更新日:2023/09/22

九州補聴器センターの画像1

会社名 株式会社九州補聴器センター
所在地 福岡県北九州市小倉北区魚町2-2-19
電話番号 093-521-3354
代表者 代表取締役 印具 勝人
設立 平成8年12月11日
資本金 1,000万円

おすすめポイントひとりひとりの聞こえに適した補聴器を提案

九州補聴器センターでは、快適な聞こえで音の世界を楽しんでもらうために、顧客の症状、要望に合わせたさまざまなタイプの補聴器を用意しています。同センターでは一人ひとりの「聞こえ」に適した補聴器を選択し提供しています。今回はそんな九州補聴器センターの魅力と特徴について解説していきます。

九州補聴器センターの画像

九州補聴器センター

ひとりひとりの聞こえに適した補聴器を提案

公式サイトで詳細を見る

九州補聴器センターの特徴①ベテラン経験者が多数

九州補聴器センターの画像2九州補聴器センターの小倉本店では、補聴器販売のベテラン経験者(男性2名・女性2名)が、聞こえについてのいろいろな相談に対応しています。カウンセリングの際には十分なヒアリングの上、補聴器を調整するためのいくつかの測定を実施してくれます。

またご自宅での試聴貸出サービスも提供しており、補聴器のレンタルは最長で1週間〜2週間できます。電話での予約も可能、カウンセリング相談には1時間くらいかかるので、予定に余裕を持って来店することをおすすめします。

リーズナブル・迅速な修理対応

九州補聴器センター本店では、預かった修理品をよりスピーディーによりリーズナブルな価格で対応するために、できるかぎり製品メーカーへは送らずに自社店舗で修理しています。

補聴器が壊れた場合、製品メーカーへ送り修理依頼すると納期が1週間〜10日かかってしまうからです。もしも製品メーカー保証期間が切れている場合、修理の代金がパーツによっては高くなってしまうこともあります。

九州補聴器センターの画像

九州補聴器センター

ひとりひとりの聞こえに適した補聴器を提案

公式サイトで詳細を見る

九州補聴器センターの特徴②出張サービスあり

九州補聴器センターの画像3九州補聴器センターでは、出張サービスもおこなっています。補聴器を利用する方は、圧倒的にご高齢者が多くニーズがあるためです。

予約は電話ひとつで簡単に済ませられ、利用者の自宅まで訪問してくれます。たとえば、補聴器購入後のメンテナンスやフィッティング、使い方の相談など無料で訪問し対応しているので、お体の調子がよくない方やおひとりでは動けない方にとって嬉しいサービスといえるでしょう。

また電池の配達を自宅までしてくれるのもありがたい点です。体調が悪くなかなか来店ができないという方はぜひこのサービスを利用してみてください。

補助金制度に対応

九州補聴器センターでも障害者総合支援法を活用できます。補聴器は精密機械なので決して安いものではありません。したがって、このような補助金制度を利用できるのはありがたい特典です。

顧客の難聴が高度かつ重度で、身体障害者の規定に適した場合は、障害者総合支援法による補装具費支給制度を利用することが可能です。基本的に費用金額の1割を顧客が負担することになります。

ただ、顧客の所得にしたがって負担額の上限が定められており、補装具は原則1種目につき1個の支給対象です。申請の際は注意してください。

補助金制度を利用した場合の基準価格は次のようになっています。聴覚障害等級ごとに料金が変わってくるので確認してみてください。

まず、聴覚障害等級でいうと4・6級の場合、「高度難聴用」の対象になり、高度難聴用ポケットタイプか高度難聴用耳かけタイプを使用します。それぞれの価格は、ポケットタイプが3万4,200円、耳かけタイプが4万3,900円となっています。

また、聴覚障害等級でいうと2・3級の場合、「重度難聴用」の対象になり、重度難聴用ポケットタイプか重度難聴用耳かけタイプを使用します。それぞれの価格は、ポケットタイプが5万5,800円、耳かけタイプが6万7,300円となっています。

九州補聴器センターの特徴③わかりやすい情報発信

九州補聴器センターの画像4九州補聴器センターの公式サイトには、補聴器をはじめて使用する人にとってわかりやすい情報が掲載されています。年齢の理由によって聴力が低下してきた場合、なかなか難聴であると認めるのはむずかしいものです。

「なぜ自分がこんな目に..」「うそではないか?」など、現実を受け入れたくない方もいると思います。ただ、聞こえづらくなるのはレアなケースというわけではありません。

九州補聴器センターの公式サイトには、加齢による聴力の低下をわかりやすいグラフにして説明してくれています。通常25デシベルくらいの聴力レベルからが、補聴器使用の判断基準といわれています。

同社サイト内のグラフにしたがってみると、40歳代半をすぎるとこの値に達する傾向にあり、50代から60代にかけて急激に聴力が下降していることがわかります。とりわけ、高音の周波数を聞き取るのが困難になるようです。

デシベルは聞こえの状態を表す名称で、たとえば30歳代であれば0〜10デジベルが平均値で低音から高音まで幅広くカバーできる状態にあります。加齢による聴力の下降はだれにでも起こることで、特別な病気ではありません。

聴力が落ちはじめる時期には個人差があり、その度合いも個人によって大きくちがいます。加齢による難聴のケースでは、高い音域から聞こえづらくなりはじめ、左・右両方の聴力が同じように低下していくのが特徴です。

ただし「あ、い、う、え、お」のような比較的低周波の母音を聞き分ける力はそれほど落ちないので、自分ではあまり聞こえづらいという実感がもてません。したがって、本人よりも家族の人が先に気づくケースが多いそうです。

セルフチェック項目がある

九州補聴器センターの公式サイトには、耳の状態を見極めるためのセルフチェック項目も掲載してくれています。耳の状態がなんとなく気になるという方も、項目をひとつひとつチェックしながら確認していくと良いかもしれません。

項目の内容は「会話中に聞き返すことが増えた」「小さな話声やささやき声が聞き取りづらい」「隣室や自分の後方での会話に気が付かないこともある」「しばしばテレビやラジオ音が大きいと指摘される」といった質問が全部で10項目あり、その項目に対して全て「NO」であれば、あなたの耳年齢は70デジベル〜90デジベルで高度難聴の可能性が高いという診断結果が出てきます。この段階では、聞こえにくく不便を感じるシーンが多い傾向にあります。

ご家族から指摘されることもあるかもしれません。補聴器の使用を検討するタイミングといってもいいでしょう。より正確な診断をもらいたいときは、補聴器販売店あるいは耳鼻科で確実な聴力測定をすることをおすすめします。

まずは、電話で問い合わせしてみよう

九州補聴器センターは、難聴に苦労している利用者に寄り添うサービスを提供しています。ひとりひとりの顧客に対して丁寧に対応するために多数の経験豊かなスタッフが在籍しており、訪問サービスや視聴システムも充実しているのが特徴といえます。

まずはお気軽に同社サイトのセルフチェック項目で自分の耳年齢をチェックし、気になるようであれば電話で問い合わせしてみましょう。

九州補聴器センターの画像

九州補聴器センター

ひとりひとりの聞こえに適した補聴器を提案

公式サイトで詳細を見る

九州補聴器センターの口コミ・評判を集めました

チェン

丁寧な対応

いつも前を通っていて気になって、思い切ってお店に入ると、親切丁寧に対応していただきました。不安な気持ちだったのが前向きな気持ちになりました。
今は試聴段階ですが、調子良く聞こえます。今後、購入を検討したいと思います。

引用元:https://www.google.com/

利用前は不安な気持ちだったそうですが、勇気をもって足を運んでみた結果前向きになれたということで、顧客に寄り添ってくれるスタイルらしいことがうかがえますね。親身になって寄り添ってもらえないと、不安な気分がそこまで変わることはないでしょう。
現在はまだ試聴段階だそうですが、調子はよいとのことです。肝心の補聴器の性能についても問題はなさそうですね。

 

金汰

予算に合わせた提案

とても親切、丁寧に対応していただいて良かったです!こちらの予算に合わせた補聴器を提示してくださり、とても助かりました。

引用元:https://www.google.com/

こちらの方も丁寧な対応について触れています。複数の方がそういった感想を述べているということは、本当に丁寧な対応を行っているのでしょう。
さらに、予算に合わせた提案をしてくれたことへの感謝もしていますね。補聴器にはいろいろな値段のものがあるので詳しくないとどれを買えばよいのかなかなか分かりませんが、提案をしてもらえるのなら安心ですよね。

スピーディーな対応で助かりました

いつも使っている補聴器がいきなり故障したため仕事の合間に飛び込みで伺わせて頂きました。20分後には出たいと無茶なお願いをしたにも関わらず短時間で迅速に対応してくださいました。接客業のため聞こえないと困るので本当に本当に助かりました。ホスピタリティが本当に素晴らしいです。いつもありがとうございます(^^)

引用元: https://www.google.com/

こちらの方は補聴器の故障の際に、九州補聴器センター 小倉本店へ駈け込んだようです。ふだんからこの店舗を利用されているかまではわかりませんが、飛び込みだったにも関わらずスピーディーに対応してもらえたようですね。

基本的に補聴器に関する相談は予約することが一般的ですが、こうした緊急時はそうもいってられません。またこの方は接客業をされており、短時間で解決できたとあって、さぞかし安心されたのではないでしょうか。

ピー太ママ(ピーママ)

対応から調整まで非常に丁寧です

高齢者の聴覚の特性を良く理解した説明をされます。母が納得いくまで根気よく調整しながら、前向きな言葉をかけてくれるのもありがたいです。

引用元: https://www.google.com/

こちらの方は、九州補聴器センター 福津店にお母さんの付き添いで来られたようですね。九州補聴器センターでは聴力測定を正確に行い、その結果や予算、使用環境などに応じて適切な補聴器を提案しています。また、あらゆる環境で試聴してもらい、必要に応じて再調整を行っているので、より機能的な補聴器を手に入れることができるでしょう。

このように調整が非常に入念に行われており、またきめ細かなアフターサポートも実施しています。

サイト内検索
補聴器関連コラム

【福岡県】おすすめの補聴器専門店ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名池田補聴器株式会社ヨネザワメガネ九州リオン(リオネットセンタ)岩永補聴器九州補聴器センター
特徴補聴器専門店ではなくきこえにかかわる製品の専門店地域密着型の店舗スケールで補聴器の品揃えも抜群聴こえればいいではなく、聴こえの質にこだわる経験豊かなスタッフが確実にフィッティングし最適な補聴器を提案ひとりひとりの聞こえに適した補聴器を提案
詳細リンク